子供連れ旅行の持ち物!子どもや赤ちゃんと一緒のとき必要なものは?

子供連れ旅行の持ち物 子供

子供を連れて旅行に行くときの持ち物は何を準備しておけばいいのでしょうか。

子連れ旅行はどうしても荷物が増えてしまいがちです。

そこで小さい子供や赤ちゃんと一緒にお出掛けするとき必要なもののおすすめを紹介します。

大人だけの旅行なら持ち物をコンパクトにすることは出来ても、子連れ旅行となるとそうはいきません。

だからと言って、なんでも持って行ってしまうとパパやママの負担になってしまいます。

ここでは子連れ旅行に必要な持ち物についてご紹介します。

子連れ旅行に必要なものリスト

子供が生まれたばかりの頃は旅行を控えるものですが、ある程度大きくなって「そろそろ旅行にでも」と思った時に悩むのが持ち物です。

赤ちゃんの場合、ミルクやおむつなど必需品も多く、持ち物の量がどうしても多くなってしまうものです。

では、実際にどんなものが必要なのか見ていきましょう。

紙おむつ・おしりふき

おむつ外れ前の赤ちゃんなら、

  • 紙おむつ
  • おしりふき
  • は必需品です。

    旅行の場合は必要以上におむつを使う事もあるので、多めに用意しておくといいでしょう。

    ウェットティッシュ

    何かと便利なのがウェットティッシュです。

    携帯用のウェットティッシュは

  • 手や顔を汚した時
  • 食事前や食後
  • など、すぐ使えるように常に持ち歩きましょう。

    車で移動ならボックスに入ったウェットティッシュがあると便利です。

    ビニール袋

    旅行にあると便利なのがビニール袋です。

    ビニール袋は

  • ゴミを入れる
  • 汚れ物を分ける
  • ぬれた物を入れる
  • などに使えるから便利です。

    おむつ替え用シート

    おむつを替える場所はどこにでもあるわけではありません。

    それにオムツ交換する場所の衛生面が気になるという人も多いのではないでしょうか?

    そんな時のためにおむつ替え用シートを持って行くと便利です。

    粉ミルク

    完全ミルクの赤ちゃんなら、ミルクの準備も大切ですよね。

    携帯用のスティックタイプの物なら量を測る必要もなくかさばりません。

    離乳食

    離乳食が始まっている赤ちゃんなら、離乳食を持って行きましょう。

    市販の携帯用離乳食なら

  • 温めなくても食べられる
  • 種類も豊富
  • なので便利です。

    健康保険証と母子手帳

    旅行先で赤ちゃんが体調を崩すということも考えられます。

    もしもの時のために、

  • 健康保険証
  • 母子手帳
  • は必ず持って行きましょう。

    赤ちゃん用マグカップ

    旅行先で喉が渇いたときのために赤ちゃん用のマグカップも必須となります。

  • まだ普通のコップから飲むことが難しい赤ちゃん
  • お気に入りのコップ以外で飲むのが苦手
  • というような子供の場合には必ず持って行くようにしてください。

    食事用エプロン

    離乳食が食べられる赤ちゃんなら、衣服を汚さないように食事用エプロンが必須です。

    食事用エプロンなら汚しても水道などで汚れを落とすことが出来るので便利です。

    服が汚れるのを防いでくれるので、帰宅後にする洗濯の負担も減ります。

    授乳用ケープ

    母乳を飲む赤ちゃんなら授乳用ケープは必須となります。

    旅行先では授乳できる場所が限られるので、いつでも授乳が出来るように携帯しましょう。

    着替え

    子連れの旅行で欠かせないのが着替えです。

    特に子供の場合、いつどこで洋服を汚してしまうか分かりません。

    普段よりも多めに用意していくと安心です。

    靴の予備

    靴を履く子供なら、替えの靴の準備もしておきましょう。

    思わぬところに水たまりなどがあって靴を汚してしまう事も考えられます。

    靴は水にぬれるとなかなか乾きません。

    夏の時期には水で遊べるところもあるので

  • サンダル
  • マリンシューズ
  • などがあると足を守ってくれるので重宝します。

    お菓子(おやつ)

    子供との旅行で一番困るのが、子供がぐずることです。

    周りに人がいない場所ならよいのですが、迷惑になってしまう場所で騒がれると迷惑になってしまう場所もありますよね。

    しかし、お気に入りのお菓子を用意しておけば、いざという時でも落ち着いてくれることが多いので、事前に用意していきましょう。

    飲み物

    お菓子とともに用意しておきたいのが飲み物です。

    特に暑い時期は、子供も水分不足に陥る可能性が考えられます。

    飲みやすいものやお気に入りの飲み物を用意していきましょう。

    おもちゃやゲームなどの遊び道具や絵本など

    子連れ旅行で一番困るのは、長時間の移動の時に子供が飽きてしまう事です。

    最初はご機嫌でも、長時間移動していると次第に飽きてしまい、ぐずって困ったという人は少なくありません。

    そうならないように、子連れ旅行には子どもを飽きさせないおもちゃを持って行くことは必須となります。

    子供の中には、特定のおもちゃがないと眠れないという子もいるので、しっかりと準備していきましょう。

    他にも、

  • お気に入りの小さめの絵本
  • 何度も楽しめるお絵描きボード
  • シールブック
  • もおすすめ。

    これらは、子連れ旅行をする時には、子供を飽きさせないおすすめのアイテムです。

    子連れ旅行はハプニングの連続!

    子連れ旅行では想定外の事が起こりやすいとも言えます。

    例えば、

  • 長距離の移動でぐずってしまう
  • 普段は静かに寝てくれるのに慣れない布団で夜泣きをしてしまう
  • 思わぬところで服を汚してしまい着替えが足りなくなる
  • など、様々なハプニングが待ち受けています。

    親としても、子供にぐずられてしまうとイライラしてせっかくの旅行が楽しめないという事も少なくありません。

    しかし、子供にとって旅行というのは楽しいものでもありますが、緊張の連続でもあります。

    子供と旅行をする時には、ある程度のハプニングを想定して気持ちにも持ち物にも余裕をもっていくことが大切なのです。

    子供の物でも現地で利用できるものもある

    子連れの旅行となると、どうしても持ち物が多くなってしまいます。

    しかし、工夫次第ではぐんと旅行の荷物を減らすこともできます。

    例えば、赤ちゃんとの旅行でかさばるベビーカーは、場所によっては無料で貸し出しをしてくれるところもあります。

    他にも、ホテルによっては子供用品をある程度揃えてくれているところもあります。

    子連れ旅行の前には、行く場所にどのような「設備」や「備品」があるのかを確認し、現地で利用できるものは利用することで荷物を減らすことができます。

    子連れ旅行でもなるべく無駄なものは持ちたくない

    子連れの旅行の場合、もしもの時を想定していろいろ持って行きたくなるものです。

    しかし、電車や飛行機、バスなどの旅行の場合、荷物が増えれば増えるほど負担も増えることになります。

    そのため事前にきちんと確認し、
    必要のないものやいざという時でも現地での調達が可能なものは持って行かないようにすることも大切です。

    例えば、ミルクを作る時に必要なお湯などは現地でも十分に調達できますし、おむつも不足したら購入することが出来ます。

    着替えも、思わぬハプニングで足りなくなっても買うことが出来ます。

    子供の荷物を増やして大変な思いをするよりも、「いざとなったら現地で買えばいい!」くらいの気持ちで出かけた方が身体も心も身軽になりますよ。

    子供連れ旅行の持ち物で意外と替えがきかないものとは?

    子連れ旅行でも出来るだけ持ち物は少なくしたいものですよね。

    もしも現地で急に必要になっても、国内旅行であれば大概のものは購入して済ますことが出来ます。

    しかし、子供連れ旅行の荷物の中には替えが効かないものがあるので注意が必要です。

    例えば、

  • 子供用箸
  • マグカップ
  • お気に入りのおもちゃ
  • などです。

    子供の中には、自分の物にこだわりがあり、同じものであっても嫌がる子も少なくありません。

    ただでさえ慣れない場所にいるのですから、普段使いなれているものがないとなるとさらに不安になってしまう子がいても仕方ありません。

    そこで、普段お子さんが愛用しているものは、必ず持って行くようにしましょう。

    他にも、「これがないと眠れない」というものや、お気に入りアイテムなども持って行ってあげるようにしてくださいね。

    まとめ

    子連れ旅行はしっかりと持ち物を確認しましょう。

    子連れ旅行は大人だけの時よりも荷物が増えるだけでなく、必ず必要なものも多くあります。

    その為、よりしっかりと事前の持ち物の確認が必要となります。

    しっかりと荷物の準備をしてお子さんとの旅行を快適に楽しみたいですね。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました